扁桃腺とは、扁桃腺手術の概要、手術体験談

MENU

マスクの有効性

マスクはのどを乾燥から守り、繊毛を働かせる

マスクは乾燥した空気からのどや鼻の粘膜を守る

のどの粘膜にある繊毛は、汚れや細菌、ウィルス を外に出す働きをしています。のどの粘膜が乾燥すると、繊毛の働きが低下してしまうので、 細菌やウィルスに感染しやすくなります。

マスクをつけると乾燥した空気からのどや鼻の粘膜が守られ、繊毛の働きにより、細菌やウィルスに感染しにくくなり、扁桃炎にもなりにくくなります。

スポンサードリンク

マスクの中は湿度が保たれる

冬のウィルスは低温乾燥の環境を好みますが、マスクの中は、温度約30℃、湿度約80%になるため、ウィルスが繁殖しづらい環境になります。

マスクをつけることで鼻や口に触れなくなる

マスクをしていると、ウィルスに触れた手で、鼻や口を触るのを防ぐことができます。ただし、マスクをしているからと言って、ウィルスを完全に吸い込まないようにすることはできません。

Amazonで探す:マスク

スポンサードリンク

いろいろなマスクの通販

N95マスク・・・医療従事者向け

N95マスクを探す

米国国立労働安全衛生研究所が定めた『N95』基準の認定を受けたマスクで、 0.3μmの微粒子(油分を含まない空気中の固体・液体の煙霧質)を95%カットする効果があります。

医療従事者が結核やSaRSに感染するのを予防するためにも使用されています。使用に際しては、専門的知識とフィットテストなどの事前準備が必要で、装着すると呼吸が苦しくなることから、一般の方には不向きなようです。

(参考)
細菌:0.5~5μm、鳥インフルエンザ:0.08~0.12μm

サージカルマスク(不織布製マスク)・・・一般家庭向け

サージカルマスクを探す

薬局やコンビニなどで購入でき、家庭用マスクとしては、ガーゼマスクよりフィルター効果が高いです。「サージカル」には「外科の、手術の」という意味があり、 医療現場でも使用されています。

サージカルマスクの基準としては、米国食品衛生局が、bFE(細菌ろ過効率)95%以上と規定しています。厚生労働省は、新型インフルエンザ対策には、不織布製マスクを推奨しています。

ただし、マスクをしているからと言って、ウィルスを完全に吸い込まないようにすることはできません。

※bFEのパーセンテージが高いほど、細菌を通しにくい構造。

ガーゼマスク・・・一般家庭向け

ガーゼマスクを探す

サージカルマスクよりフィルター効果が低く、ウィルス対策には適しませんが、咳エチケットには○です。

マスク使用上のポイント

  1. 鼻と口の両方をマスクで覆います。鼻からあごを覆うように正しく装着します。
  2. 顔とマスクの間に隙間が生じないようにします。
  3. 不織布マスクは原則使い捨てなので、1日1枚程度を目安に使用します。
  4. 咳やくしゃみをした人と接した場合、マスクの表面にウィルスがついて いる可能性があるので、すぐに交換します。
  5. マスクの表面には、ウィルスがついている可能性があるので、使用中はあまり触らないようにします。
  6. 使用後は、表面に触れないようにビニール袋に入れ、口を閉じて廃棄します。
  7. マスクを廃棄した後は、手にウィルスがついている可能性があるので、すぐに手洗いや消毒用アルコールで消毒します。

スポンサードリンク

こんなとこにも注意

  • マスクを過信しないこと。
  • 人ごみを避けましょう。
  • 咳、くしゃみをしているなど感染の症状のある人と2メートル以内で接触しないように。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ブログランキング

ランキングを見る

スプーン1杯のマヌカハニー


マヌカハニー蜂蜜 MGO400+ 250g
スプーン1杯のマヌカハニーを口で溶かし喉に覆うように流し込みます。マヌカハニーのエキスを喉にとどめるため、10~15分は液状のものは飲まないようにします。

エキナセアハーブティー


有機エキナセア 100g

季節の変わり目、健康管理の難しい時に。

スポンサードリンク

超音波温熱吸入器


超音波温熱吸入器 ホットシャワー

温めて潤わせる吸入療法で、のどの働きを活発に。

毎日の元気を応援

10年連続
モンドセレクション
金賞受賞
にんにく玉ゴールド
完熟にんにく卵黄おためしセット
全国送料無料
にんにく玉ゴールド2袋

PAGETOP
Copyright © 扁桃腺手術体験記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.