扁桃腺とは、扁桃腺手術の概要、手術体験談

MENU

全身麻酔に関する資料

全身麻酔



全身麻酔の資料Ⅰ(麻酔の準備、方法など)

全身麻酔とは

全身麻酔とは、麻酔薬や麻酔ガスで患者さんを眠らせ、手術の痛みを取り除く麻酔法です。

全身麻酔とは、点滴から麻酔薬を注射したり、麻酔ガスを吸わせることによって患者さんを眠らせ、手術の痛みを取り除く麻酔法です。全身麻酔中は、患者さんご自身での呼吸は微弱になってしまう為、酸素を送り込む管を口または鼻から挿入し、呼吸の補助を必要とします。(人工呼吸と呼びます。)

麻酔前の準備

麻酔時に胃の中に飲食物が入っていると嘔吐の危険があります。

①麻酔時に胃の中に飲食物が入っていると、嘔吐をすることもあり危険ですので、お知らせする時間以降は食べたり飲んだり絶対にしないようにお願い致します。

②手術前の不安を取り除いたり、唾液の分泌を抑える薬を、手術の前に内服したり注射したりします。その為、眠くなったり、喉が渇いたりします、特に心配ありません。

手術の種類、患者さんの状態によって使用する薬は異なり、必要としない場合もあります。

麻酔の方法

麻酔の方法は以下の通りです。

①手術室に入室後、心電図、血圧計等を装着し点滴していない場合は点滴をします。

②口と鼻を覆うマスクで酸素の吸入を行います。

③専用の器具を使って口を大きく開け、のどの奥に管を入れ、人口呼吸を開始します。

④手術中は人口呼吸をしつつ常に血圧や呼吸の状態を監視しながら麻酔を調節します。

⑤手術終了後、麻酔を醒まして患者さんの目が覚め、呼吸が安定したら管を抜きます。

⑥その後病室に帰ってからもしばらくの間酸素マスクをつけていただきます。

この麻酔に関連して起こりうること

この麻酔に関連して歯が傷ついたり、吐き気を感じたり、合併症を引き起こすことがあります。

  • 器具を使って管をのどの奥に入れる際、多少とも歯に力がかかりますので、時として歯がぐらついたり、稀に折れてしまうこともあります。特に、グラグラした歯やまばらに残った歯 は傷つきやすく、口の開きにくい人や顎が小さい人も、歯が傷つく可能性が高くなります。また、唇や舌、口腔粘膜などが多少傷つくこともあります。
  • 管を抜いた後、数時間から数日間、のどが痛かったり声がかすれることがありますが、管による刺激のためで一時的なものです。
  • 腸の動きが抑えられることや、鎮痛剤の副作用による吐き気を感じることがあります。
  • 非常に稀ですが、急激に体温が高くなる悪性高熱症という予知できない合併症を引き起こすことがあります。血縁者にこのような疾患を疑われた方がいらっしゃった場合はお申し出ください。
  • その他、もともとお持ちである合併症が悪化する、またはその合併症により関連する病態を引き起こすなどの可能性があります。特に、心疾患・呼吸器疾患・脳梗塞や脳出血・肝機 能や腎機能の悪い方、糖尿病・高血圧などをお持ちの方は、その危険性が高くなる場合もあります。

終わりに

麻酔科医は、最大限の努力をして、安全な麻酔をするよう努めています。

麻酔中には出血や薬剤のアレルギー反応など、思わぬ事態が起こることがあります。麻酔中に重大な合併症(意識障害や死亡など)が起こる頻度は数万例に一件あると言われていますが、私たち麻酔科医は、呼吸や血圧などに十分注意をしながら、このような事態を極力避けるために最大限の努力をして、安全な麻酔をするよう努めています。

なお、麻酔に関してわからないことや不安なことがありましたら、いつでも麻酔科に直接、または主治医を通じてご質問下さい。

スポンサードリンク

全身麻酔の資料Ⅱ(麻酔の流れ)

全身麻酔とは

全身麻酔中は手術による痛みなどは何も感じません。

全身麻酔とは、深い眠りと同じようなものです。全身麻酔中は手術による痛みなどは何も感じません。目が覚めたときには、手術はすべて終わっています。

病棟から手術室に入るまで

  • 病棟で渡される飲み薬又は注射のある方は薬の影響で眠くなることもあります。時間までベッドで静かにお休み下さい。
  • 病棟を出る前に時計、メガネ、指輪、コンタクトレンズ、入れ歯、かつらなど、身につけているものをはずし、トイレをすませます。
  • 着替えについては、病棟の看護師が説明致します。医師の指示がある方は肺塞栓予防のためのストッキングをはいていただきます。
  • 病棟の移動用ベッド、車椅子又は歩いて病棟看護師、ご家族と一緒に手術室まで来ていただきます。
  • 手術室では、手術室の移動用ベッド又は車椅子に移ります。歩いて入出された方は、そのまま歩いて移動します。
  • 担当の看護師が、お名前、手術部位の確認をさせていただきます。看護師にネームバンドを見せ、フルネームで名前を言って下さい。
  • 帽子をかぶっていただきます。
  • 帽子をかぶった後、看護師と一緒に手術をする部屋に移動します。

手術室に入ってから麻酔開始まで

  • 手術台で、心電図のシールを胸に貼り、血圧を測ります。
  • 手術台に移動し、仰向けになります。準備のため浴衣の袖を脱いでいただきます。掛け物をかけますが、寒いようでしたら遠慮なく声をおかけ下さい。
  • 心電図のシールを胸に貼ります。
  • 血圧を測ります。血圧は自動で5分ごとに測定します。
  • 指先に体内の酸素の量を測る装置をつけます。
  • 点滴をされていない方は点滴を行います。

麻酔開始から手術が終わるまで

  • 麻酔薬が点滴から入ると眠くなります。
  • 十分眠った後に、麻酔のためのチューブを口から入れます。(グラグラした歯や差し歯があるかを事前にお聞きします。)
  • 手術の時間が長いときは、尿が自然に出るように管を入れます。
  • 麻酔をした後、手術をするための姿勢をとります。
  • 医師の指示によっては、肺塞栓予防のため、足にフットポンプを巻きます。

手術終了後

  • 手術終了後、間もなく麻酔は覚めます。
  • 麻酔の覚め具合を確認するために医師や看護師が声をかけます。「深呼吸してください。手を握ってください。」と声をかけますのでできるようであれば行ってください。
  • 十分麻酔が覚めた後に、口に入れたチューブを抜きます。
  • 麻酔から覚める時は、ぼんやりし、眠たさが残ります。
  • 医師や看護師の介助で移動用ベッドに移り、浴衣を着ます。

回復室から病棟へ

  • 病棟に帰ってからもしばらく酸素のマスクをします
  • 移動用ベッドで回復室に移動します。
  • 痰やツバが溜まっていたら、飲み込まず出してください。ご自分で出せないときは、看護師がとります。
  • 痛み等がある時は教えてください。痛みをとるように対処いたします。
  • 病棟の看護師、ご家族と一緒に病棟へ帰ります。
  • 病棟に帰ってからもしばらく酸素のマスクをします。時々深呼吸をして十分酸素を吸ってください。
  • 口にチューブを入れたため、喉の不快感があることがあります。痰は十分に出してください。
  • 尿の管はしばらくの間は入ったままになります。
  • 場合によっては、手術部位にも管が入ることがあります。
  • フットポンプを足に巻いている方は、歩く許可が出るまでつけたままとなります。

スポンサードリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ブログランキング

ランキングを見る

スプーン1杯のマヌカハニー


マヌカハニー蜂蜜 MGO400+ 250g
スプーン1杯のマヌカハニーを口で溶かし喉に覆うように流し込みます。マヌカハニーのエキスを喉にとどめるため、10~15分は液状のものは飲まないようにします。

エキナセアハーブティー


有機エキナセア 100g

季節の変わり目、健康管理の難しい時に。

スポンサードリンク

超音波温熱吸入器


超音波温熱吸入器 ホットシャワー

温めて潤わせる吸入療法で、のどの働きを活発に。

毎日の元気を応援

10年連続
モンドセレクション
金賞受賞
にんにく玉ゴールド
完熟にんにく卵黄おためしセット
全国送料無料
にんにく玉ゴールド2袋

PAGETOP
Copyright © 扁桃腺手術体験記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.